【知らなきゃ損】Amazonで売っている商品を半額以下で買えるかもしれない裏技【超簡単】

ドクターようじです。

ネット通販の横綱と言えばAmazonですよね。

 

でも、Amazonの商品をみていると

「一番安い商品でもこの値段か」

と思ってしまうことはありませんか?

 

この記事では「Amazonで売っている商品を半額以下で買うための裏技」を紹介します。

 

この記事のターゲット

  • 「Amazonでコスパのいい商品が見つからなくて困っている人」
  • 「同じ商品でもできるだけ安く買いたい人」
  • 「いろんなサイトを比較して一番いいものを手に入れたい人」

せっかくならいいものを出来るだけ安く買いたい!という人向けの記事です。

 

まず、Amazonの商品は誰が販売している?

Amazonの商品を販売している人は誰なのか、考えてみたことはありますか?

ただAmazonが販売しているだけではないのです。

販売者は大きく分けて3つあります。

 

1.Amazonが販売

単純に商品をAmazonが仕入れ、販売しているパターンです。

Amazonが商品を厳選し販売していますから、高品質な商品の安心・安全な取引が可能です。

価格については「大きく変わることがなく定価に近い」傾向にあります。

 

2.Amazon以外の会社が販売

Amazon以外の会社が、Amazonというサイトを利用して商品を販売しているパターンです。

ある会社が商品を業者から購入し、販売しています。

 

価格の決定権は完全に販売会社にあります。

会社との取引ですから安心できる一方で、

「1000円で入荷した商品を1800円で売っている」場合

「1000円で入荷した商品を8000円で売っている」場合が混在しています。

 

後者の場合、Amazonで購入する必要がなく、業者から個人で直接購入する方がお得です。

 

3.個人がAmazonで販売

個人で仕入れた商品をAmazonで販売しているケースです。

この場合も、価格の決定権は「販売する個人」にあります。

言い換えれば、

1000円で買った商品を1500円で売るか9000円で売るかは自由なのです。

利益はそのまま個人の儲けになります。

 

では個人はどうやって商品を入荷しているのでしょうか?

もし安い仕入れ価格で商品を入荷する方法を知ることが出来れば、

Amazonを利用せず直接業者から購入する方が断然お得ですよね。

 

個人が低価格で商品を購入をするためには?

答えはシンプル。

損をしたくなければ「AliExpress」を利用しましょう。

業者価格で商品が1個から注文できます。

直接業者から購入できる世界で唯一のサイトだと思います。

 

1.AliExpress(アリエクスプレス)とは?

AliExpressとは、

世界的中国企業であるアリババが運営する中国版amazon。

圧倒的に安く、日本などの海外への送料も無料・あるいは格安というお得なサイト。

一言でいえば、「世界中の商品が安く、しかも送料無料で日本に届く」サイトです。

 

2.AliExpressの特徴

  • 「業者から直接商品を買えるため、激安」
  • 「日本への送料は無料、もしくは100円以下」
  • 「不良品の場合は運営がお金を返してくれる」

中国のイメージとは裏腹に、「低価格・高品質・安全」なサイトです。

 

3.AliExpressはどうして安い?

仲介業者がいないからです。

例えば、家電製品を例にとりましょう。

家電製品は以下のようなルートを通りわたしたちの手元にきます。

家電会社→販売業者A→販売業者B→販売業者C→家電量販店→消費者(お客さん)

このルートの中で、各業者がもうけを出すわけですから、最終的には仕入れ価格の何倍にもなった販売価格になります。

 

一方AliExpressのルートはシンプルです。

製造元→AliExpress→消費者

もう分かりましたね。

AliExpressでは不必要な業者が介入しないために商品を格安で購入できるのです。

 

AliExpressの登録方法は?

AliExpressは日本語表示が可能で、英語・中国語が不要!10分で登録できます。

登録方法はこちらの記事で画像付きで詳しく解説しています。

【英語不要】Aliexpressの新規登録方法と商品購入方法を簡単・丁寧に教えます【中国版Amazon】

 

まとめ

  • 安くていいものが欲しければ業者から直接買う
  • 1つからでも購入出来て送料が無料なAliExpressを使おう
  • 登録は日本語で!10分でできる!

AliExpressを利用すれば、Amazonの半額以下で商品が買えてしまうこともあります。

損をしたくなければAliExpress!おすすめです。

コメントを残す