1000円のMagicMouse風ワイヤレスマウスを購入してみた【意外と良い】

MagicMouse風 マウス

「Apple製品でデスク周りを揃えたい!」と誰しも一度は思ったことがあるはず。

でもApple製品ってべらぼうに高いですよね、例えばMaic Mouseは9300円。

そこで目に留まったのが「Magic Mouse風bluetoothマウス」。なんと1200円。手軽にMac風デスクを楽しみたい人にはぴったりなのでレビューする。

Magic Mouse風 Bluetoothマウス

MagicMouse風 マウス

見ての通りMagicMouseにそっくりのBluetoothマウス。もちろん表面にロゴはありません。

表面はツルツルだが、素材としてはプラスチック。ちょっと安っぽいし、長らく使用したら傷がつきそうな印象ではある。

本家同様、「右クリック・左クリック・スクロール」が可能です。クリックの重さは普通、いうならばほんの少しだけ固めという印象。これは個体差が大きいだろう。

中国 マジックマウス 裏面

マジックマウス風 電池

裏面には、「電池ボックス・センサー・電源ボタン」がある。基本的に使用するのは電源ボタンだけ。

本家は充電式だが、こちらは単4電池1本で動作する。電池持ちは1-2年だろう。

蓋を開けるとペアリングボタンが出てくる。

ペアリングボタンが押しづらい

magic mouse ペアリング

magic mouse ペアリング

magic mouse ペアリングモード

ペアリングボタンはカバーを開けると見える白色の四角いボタン。これがとっても押しづらい。

というか、指で押すことはできない位置にある。先のとがったもので押す必要がある。

ペアリングモードになると青色ライトが点滅する。あとはパソコン側でペアリング設定してあげるだけ。

操作性は超普通・デザインはGOOD

china magic mouse white

肝心の操作性だが、「超普通」だ。デザイン性を除けば本当に普通の中華マウスって感じで、可もなく不可もない。

ただ、そのデザインが最高だ。1200円でこれが楽しめるならコスパとしては最強の部類だと思う。

MagicMouse風 Bluetoothマウス

 

ちょっと気になったのは、「ポインターの移動距離が短い⇒マウスを大きく動かす必要がある…?」点だ。

ただこれはPC側のポインター速度をMAXにすることで解決した。これで文句は何もない。

なお、本家同様バッテリー式のものもあるのでぜひサイトで検索してほしい。

こんな人におすすめ

「Mac風のデスク環境をお手軽に試した見たい人」「Apple製品で揃える前にテストしたい人」におすすめだ。

保証の長さや、製品としての完成度を求めるなら本家AppleのMagicMouseをおすすめしたい。

コメントを残す