【TOEIC】理系大学院生が3ヶ月でTOEIC900点をとった勉強法【超シンプル】

2017年に取得したTOEIC945点のスコアシート

学生のみなさんはこの時期インターンの応募がありますね。

社会人のみなさんは昇進へ向かってお仕事頑張っていらっしゃるでしょうか?

その中で、「TOEICスコア」の提出が必要な方は多いのではないでしょうか?!

2017年に取得したTOEIC945点のスコアシート

2017年のようじのスコア

 

わたくしドクターようじは、2017年にTOEICで945点を取得しました。

(その前受けたTOEICは5年以上前で750点でした。)

私がTOEICに向けて勉強した期間はわずか3ヶ月です。

 

✓ 勉強量はどの程度必要なのか【勉強量】

✓ どの参考書を使えばいいのかわからない【参考書】

✓ TOEIC必要だけれど勉強法が分からない【勉強法】

 

こういった方々の助けになれば嬉しいです。

 

❶ 100点アップに必要な勉強時間は300時間

❷ 必要な参考書まずは5冊

❸ 時間を意識した速読と復習での精読

 

❶ 100点アップに必要な勉強時間は300時間【勉強量】

今の点数から一体どのくらい勉強すればいいの!?

一般的には、「100点アップには300時間」といわれています。

点数によってもばらつきがありますが、これを1つの目安とするといいでしょう。

 

あなたの今の点数から、目標点数までの勉強量が逆算できますよね?

例 :

現在600点→目標800点  必要な時間は最低600時間

毎日3時間対策するとして、600÷3=200日!

結構必要ですね。。。(笑)

 

ですが、必要な時間が分かればあとは計画を立てるだけです!

目標点数・目標期間

計算し、そこから一日の勉強量を決めて勉強しましょう!

やみくもに勉強するよりも、ゴールが明確なのでとても有効です。

 

❷ 必要な参考書まずは5冊【参考書】

TOEIC参考書ありすぎ!

TOEICを勉強しようと思った人が誰しも思うことですね(笑)

ですが、本当に必要な参考書は決して数多くないと思います。

 

私の場合は以下の5冊のみ使いました!

(1) TOEIC L&Rテスト 究極のゼミ Part2&1

(2) TOEIC L&Rテスト 究極のゼミ Part3&4

(3) TOEIC L&Rテスト 究極のゼミ Part5&6

(4) TOEIC L&Rテスト 究極のゼミ Part7

(5) TOEICテスト 公式問題集

 

こちらを用いてどのように勉強したのか、簡単に解説いたします。

(1) 究極のゼミシリーズではPartごとの問題形式に慣れることを目的としています。

この4冊でPartごとの問題形式・スピードを徹底的に叩き込みます。

 

この本では、各パートの問題が分類・解説されており、

例題→解説→練習問題→解説が繰り返されています。

この練習問題を記載の制限時間を意識しながら(速読)解き、時間感覚を覚えます。

 

そして仕上げに必要なものが、

(5) TOEICテスト 公式問題集

です。

 

これまでパート別に学習した、

「時間感覚・速読」

を用いて、Part1~7まで制限時間内に解いてみましょう!

時間制限を設けて解く場合には、

英語力向上メインではなく、時間配分を考え、実戦形式の練習。と捉えてください。

 

❸ 時間を意識した速読と復習での精読

練習問題を解いた後には、必ず復習が必須です。

解説を読みながら精読し、文法・単語・解法の理解に努めます。

私は復習を「精読」と捉えています。

 

「精読」では、ある問題に対して

1.単語

2.文法

3.訳

4.リスニング

5.問題の解答

 

のすべてを完璧に理解できる状態をいいます。

つまり、一つの練習問題を速読し正解しても、

精読とは程遠い状態にあります。

 

「速読・精読」を繰り返すことが一番のポイントです。

TOEICでは時間内に問題を解くことが大前提です。

しかし、速読ばかりしていては肝心の英語力は向上せず、

いつまでもTOEICスコアは伸び悩むばかりです。

 

究極のゼミシリーズを用いて、

「速読・精読を繰り返し英語力を身につけつつTOEICスコアを向上させる」

ことが大変重要です。

丁寧な解説がなされているこの4冊をわたしは強くおすすめします!

 

私は単語帳や文法書などは使わず、この5冊を速読・精読するだけで、

945点を達成いたしました。

 

【まとめ】理系博士が3ヶ月でTOEIC945点をとった勉強法

❶ 100点アップに必要な勉強時間は300時間【勉強量】

→自分の目標点数から必要な勉強時間を逆算しよう!

 

❷ 必要な参考書は5冊【参考書】

→大事なのは実践形式で時間感覚をつかむこと!

単語帳は必要ない!(出てきた単語を覚えよう)

 

❸ 時間を意識した速読と復習での精読

→速読のあとはかならず精読!

1.単語, 2.文法, 3.訳, 4.リスニング, 5.問題の解答

全てを理解することからTOEICスコア向上ははじまります!

 

いかがでしたでしょうか?

やはり目標をたて、実戦形式でとことんつきつめることが何においても重要だと思います。

わたしはこれで3ヶ月で945点をとりました。

私にも出来たのですから、みなさんにもきっと出来ると思います!

 

ようじと一緒にがんばってみませんか。

 

コメントを残す